フォスター卿が設計し、3Dプリントされる月面基地 | MoonBase designed by Foster&Pertners

Lunar_base_made_with_3D_printing.jpg

かつてサンダーバードで未来を描いたノーマン・フォスター卿が、ESAとタッグを組んで挑戦する月面基地。
やっと3年前に紹介した記事が実現に向けて動きだしました。


Lunar_base_made_with_3D_printing4.jpg

Lunar_base_made_with_3D_printing2.jpg

Lunar_base_made_with_3D_printing5.jpg

Lunar_base_made_with_3D_printing3.jpg

月の土壌を材料に、エクストルーダー(3Dプリンタの材料を射出する部分)を表土の下に埋め込んだ状態で
出力することで、空気の無い場所でも意図した通りにプリントアウトできるとのことです。

地上での実験では、月の土を模した材料で実際に1.5トンのブロックを出力する段階まで進んでいます。

ちなみにデザイン自体は、サンダーバード3号と描かれた月面基地とは異なり半地下に埋もれたドーム式。
※このシーン、全然記憶にないけど。。。

フォスターデザイン、スッゴイ楽しみ!

All Visualization courtesy European Space Agency.
via:boingboing
Original:Building a Lunar Base with 3D printing.