1本のパイプで作るシンプルチェア

デザイン。そして作り方もシンプルな、1本のスチールワイヤーを自在に曲げるワイヤーベンディングマシンを3Dプリント的アプローチで活用してデザイン&出力されたパイプイスたち。



Tube-Chair-24-300dpi.jpg
Tube-Chair-23-300dpi.jpg
Tube-Chair-21-300dpi.jpg
Tube-Chair-05-300dpi.jpg
Steel-Tube-Chair-32-300rgb.jpg

スチールワイヤーのベンディングマシンにより、究極な2次元な形「線」が3次元化することの魅力に取り憑かれたThomas Feichtner氏による軽やかなアイデア。結果、一筆書きでミニマムな形に結実。
3Dプリンタとして以前紹介した機械とかって「これでプロトタイピングが素早くできるね!」レベルじゃなくて、出力=即完成品なのだから、作った者勝ちなんですよね。ホント。

最初から生産装置を利用しているため、大量生産への移行も容易というメリットも。スゴい!
しかもこのベンディングマシンが小型で移動できるので、現場で出力=モバイル生産も可能なんですね。
スピード感にも惹かれます。

via:The Method Case
Original:Thomas Feichtner:STEEL TUBE BENDING