出力サイズの枠を取り外すワイヤー式デルタ3Dプリンタ

デルタプリンタのロッドを無くすことで出力サイズという縛りを解き放つ、エクストルーダーをワイヤーで釣って制御するスカイカム方式の3Dプリンタ。



スカイカム=サッカースタジアムとかで、グランドの上空をケーブルを使って自由に滑空するカメラが、発想の基となっています。SkyDeltaという名前がカッコイイ。

ケーブルの制御機構次第ですが...持ち運びの出来る、出力サイズに制限のない3Dプリンタも登場しそうですね。
前にも同式の大型3Dプリンタ登場の際に指摘しましたが、フィラメントなどの材料の送りの問題が起きないのであればアリな方式だと思います。

Original:Brandon:SkyDelta