お医者さんが、骨を指先でチョチョッと3Dプリントするペン

何もナイ空間に自由に3Dプリントできるペン「3Doodler」と、フォースフィードバック技術を活かしたフリーハンド3Dペン「Haptic Intelligentsia」の技術、それに3Dスキャニング技術を活用した感ある、骨の欠損部を医者がペンで塗る様に正しい形に盛って整形することができるペン型の骨格整形用3Dプリンター。

142782-3.jpg
142782-1.jpg

欠損した骨に、直接細胞を盛ることで軟骨や骨の再生を容易にする技術。まだ幹細胞を直接盛るレベルまではいっていない様子ですが、いずれリアルタイムに適材適所の細胞射出が可能になると思われます。
※現状均一材料なので、あまり3Dプリント技術を活かしているとは言えませんね。
 結果、釣りっぽかったですね...ゴメン。。可能性としてメモ。

Image coutesy by University of Wollongong
via:Gizmodo
Original:BioPen