アマゾンの水素ロケットが実用域に

正しくは、アマゾンのベゾス氏の出資する会社が燃焼テストを成功させた、高性能、低コスト、および再利用性を重視して開発が進む水素と酸素で飛ぶロケットエンジン。
アマゾンのロケットデリバリーも、有り得ない話じゃないでしょ?


2013-4124_720_480.jpg

有害な液体ロケット燃料を使わない、液体水素を燃料にhして飛び立つ次世代ロケット。実際には低価格の宇宙旅行を提供するのが目的らしいけれど、それだけな筈ないでしょうね。



既に垂直離陸&垂直着陸のテストには成功しているので、飛ぶ立つ日も近づいています。人だけでなく物の輸送にも活用されれば、地球の裏側の特定の場所に、ピンポイントでデリバリーすることも技術的には可能に。

Original:Blue Origin Debuts the American-made BE-3 Liquid Hydrogen Rocket Engine