テンセグリティーな宇宙探査ロボット

NASAが土星最大の衛星タイタンに送り込もうと開発中の、テンセグリティー(Tensegrity)構造のスパーボール型ロボット探査機。



かつてバックミンスター・フラー&ケネス・スネルソンが命名した、テンセグリティ(tensegrity)= Tension(張力)+ Integrity(統合)という造語で示される構造。その特性を活かした軽量かつ柔軟性に富んだ形状変化で、タイタンの地面に適応しながら行動できることを期待されています。ビョンビョン跳ねる感じから、スーパーボールロボットとNASAでは呼ばれています。

形状自体は、テンセグリティの基本形として良く知られている形です。
収納状態の3角形からの変形の様子は、ちょっとゾッとしますね。

via:IEEE Spectrum
Original:Super Ball Bot - Structures for Planetary Landing and Exploration