大寒波の北米内陸部とは裏腹に、オーストラリアでは熱波で10万匹超のコウモリ が死去。



南半球なので、日本と逆の真夏にあたるオーストラリアのクイーンズランドを今週襲った熱波の影響で、約10万匹ものコウモリが亡くなったとのこと。コウモリは43度を超えると、気を失って木から落ちるそうで、一部は息を吹き返しますが多くは命を失うそうです。
※上記映像は、テラー渓谷(Terrors Creek)で約千匹のコウモリが落ちている様子を捉えたもの。

人の順番はいつだ?と、氷点下40度超のシカゴの様子を見ながら思う。※人は移動可能だけどね。

via:Mashable!