2013年、個人的に印象深かった記事13本

今年2013年の、1年間のmonogocoroの公開記事本数は1,384本でした。
そのどれもが「!」と思うからこそ取り上げたアイデアなので、一概にどれが最も素晴しかったか?を挙げることはできないのですが...個人的に印象に残っているアイデアを幾つかピックアップしてみました。

1)Keng Lyeさんの3Dペイント
8625243260_9aa340f9c3_b-800x800.jpg
水面(透明レジン)から飛び出る表現は、想像を超えていました。

2)エジプトのデモ参加者達と空軍のヘリコプターによるソーシャルプロジェクション

まったくの偶然の産物なのですが、皆の総意が光っている様に見受けられました。

3)空中への自由形状出力を可能にした3Dプリンタ

フリーハンドで空中に3Dプリントできるペン3Doodlerと迷いましたが、コントロールできるという点でこちらをメモ。

4)表裏一体で押すことで、3D板金出力を可能にしたプロトタイピングツール

デルタタイプの産業用ロボット2台で、上下サンドするアイデアに驚かされました。

5)目的別タクシー

目的別バスとか、発展性のあるアイデアでした。

6)揺れる手でも食事を楽しめる手振れ補正機能付きスプーン

高齢化が進む先進国で、これから必要とされるアイデア。

7)視覚に障害がある方の「眼」となるウェアラブルカメラ

Google glassにアプリ化して欲しいアイデア。これは感動しました。

8)カーテンの家
Cocoon-by-Tanya-Shukstelinsky-slideshow-3-800x571.jpg
この2次元発想には「やられた!」と思いました。

9)自転車用の単なる2人乗りシート

自転車で言う「安全」の定義の希薄さに気が付かされたアイデア。

10)その紙幣1枚で救える命を、影が教えてくれるAD

このミニマムな表現力は秀逸でした。

11)ポータブル&オンデマンドCNCマシン

現場が助かるな〜と思いつつ、職人いらず...とも。

12)ビンの隙間用コンテナシステム
Coca-Cola7.jpg
ケースに収められたビンとビンの上部にできる隙間を活用する、救命救急キットの配布アイデア。

13)感動をプレゼントする、ボトルラベル

思わず「ワ〜ォ」と声を出してしまいました。

以上です。